PowerStone_ImgPic

パワーストーンの簡単な浄化方法

私は中学生の頃からパワーストーンに興味があり、今もかなりの種類の石を持っています。
そのパワーストーンに欠かせないのはやはり浄化作業です。
一見難しそうに見えますが、とても簡単に行うことができます。

私がよく行う方法は「クラスターの上に置いておく」という方法です。
天然石の店で、小さな結晶のようなクリスタルやアメシストを見たことがある人がいるかもしれませんが、あの結晶はインテリアとして利用できるだけではなく「クラスター」としての役割を持っています。
クラスターは強力な浄化作用を持っており、この上に天然石を置いておくだけで効果が表れます。
時間が無くて他の方法を施してあげる事ができない場合に非常に役に立ちます。
私の部屋にはクリスタルとアメシストのクラスターが置いてありますが、スペースも取らず眺めているだけでも癒されます。

しかし、クラスターも同じ天然石ですから、こちらも浄化作業が必要になってしまいます。
そういう時に私がよく行うのは流水による方法です。
これはそのままの意味ですが、水で洗ってあげることで石が吸った悪い気を流す方法になります。
本当は天然水が望ましいのですが、私の家では用意できないので水道水で代用しています。
ですが、それでも充分可能です。

私は布製の袋の中にまとめてパワーストーンを入れているので石同士がぶつかり合い、小さな欠片等が付着して少しくすんだような色になってしまうことがあります。
その時に流水をかけてあげると元通りの色合いに戻ると同時に、前より少し色つやが良くなります。
見た目にも効果がわかりやすく、物理的に汚れを落としてあげられるのでこちらもお勧めの方法です。

もう一つ私が行っている方法があり、「日光浴」及び「月光浴」による方法です。
太陽や月には宇宙的なエネルギーがあり、これが天然石に非常に良い効果をもたらします。
私も天気の良い日は天然石に入れ物に入れて外に出しておく事があります。

個人的にはこれが一番効果が表れていると思っています。
日光浴・月光浴をさせた後は色つやが綺麗になる事はもちろん、外の気温を取り込んでいるので「ちゃんとエネルギーが注入された」と感じることができるため、とても効果がわかりやすいのです。
どことなく石がいきいきしているなと感じることもあります。

私はお金がある方ではないので、このように日常で簡単にできる方法ばかりを選んでいます。
ですが、それでも確実に効果があると実感できるので、これからも天然石と上手く付き合っていけるように時折のリフレッシュを大事にしたいと思います。
その他のパワーストーンの浄化方法はこちらに載っていますのでご覧ください。

こちらにはパワーストーンが割れてしまったときの対応について載っています。
日頃からしっかりお手入れをしているパワーストーンでもいつか割れてしまうことがあります。
そんなときのためにも対応方法を知っておくと良いでしょう。