PowerStone_ImgPic

パワーストーンの運気で長寿を願う

パワーストーンはその石そのものにすごい力がある訳ではなく、その石が持つ力で、人に対して働きかけてくれるであろうと考えられている石です。
お守り代わりにパワーストーンをつけていたからといって、いいことが起きる訳ではありませんし、絶対に守ってくれるものでもありません。
ただ、その石により、よいよい方向へ導いてくれるもの。
その石を持っていたから、悪いことからそこまで影響を受けずに済んだのかもしれない。
そういう風に考えるべきものです。
絶対的な力ではなく、健康や長寿を願い守って下さいとお願いする、お守りのようなものだと考えればいいかと思います。
健康運に効果的なパワーストーンについての記事も参考にご覧ください。

パワーストーンのブレスレットを持っていますが、つける前とつけた後にkろえといった差はありませんでした。
目立つようなできごともなく、かといって悪いことだと感じるようなこともありませんでした。
その効果とはそういうものだと思いますし、つけていないからこうなる、つけていたからこうなったのだと分かるようなこともないものです。
ですから、お守りのような気持ちでブレスレットを腕にはめております。

私はずっとつけておりませんで、出かける際に出先での物事から守ってもらう気分で、ブレスレットをお守りのようにして腕につけるようにしています。
石が持つ力で少しでも守っていただければいいかなという考えから、出かける際に腕につけています。
本当はずっと身につけておいた方がとも思うのですが、ずっとつけたままなのも息苦しく思いますので、自分の場合には出かけるときのみに限定してつけるようにしています。
自分のものは、意味から選んだ石と、カラーから選んだ石を組合わせて、ブレスレットにしています。

意味では、仕事や恋愛などに良い方に働くような石を選びまして、カラーではその選んだ石に合う淡いカラーの石を選んでみました。

そして、自分のものがわりと素敵なカラーのブレスレットになりましたので、母のものも作りました。
母のものは、長寿を願う気持ちを込めた石を選びました。
また、今のようにパワフルなまま過ごしていただきたいとの想いを込めた石と、そのカラーに合う石を選んで、こちらもブレスレットを作りました。

健康と長寿、そして、パワフルであってほしいという願いを込めたブレスレットです。
見た目にはカラフルでお洒落なブレスレットですので、身につけてもらえることも多くあり、いつも近くで守ってくれる存在になってくれているようでもあります。
自分がずっと見守ることができない分、石の力で守っていただければなと想っています。
目に見える力ではありませんが、その方への想いを込めて願うことを含めて、ブレスレットを贈ってよかったと感じています。