PowerStone_ImgPic

パワーストーンをお風呂に入れるときの注意点

悪い「気」が溜まってきたパワーストーンをお風呂にいれて浄化しようとしてしまう方がいますが、
これはよほどの注意をして行わないと非常に哀しいことになってしまうことになります。

これはみなさんもご存知のことと思いますが、パワーストーンとは地球がその力を持って
この世界に生み出した鉱物なのです。
ですから、化学物質などに対して非常にナーバスな性質を持っているのです。


お風呂に入れる際にまず注意しなくてはならないことは、さまざまな種類のある入浴剤です。
一番いいのは入浴剤を入れないことなのですが、温泉系の入浴剤に限ってはあなたの大切なその石を浄化し、さらに力を高めてくれるものがあるという事です。
これもメーカーや商品によって添加されている化学物質が違うので、一概にどれでもいいというわけではありません。
ですから、専門知識のある方でないとせっかくの石の力を弱めてしまう恐れがあるのです。

どうしても石の力を強めていたいと思った方は、お風呂ではなくじかに有名な温泉へ
あなたの大事なパワーストーンを連れて行ってあげてください。

その時の温泉選びは、なるべく開湯してからの歴史が長いところを選んでみてください。

その温泉の歴史がながければ長いほど地の底から湧き出てきている地球のパワーを
その温泉地帯が帯びているはずなので、その地球のパワーを石が吸い取り悪い「気」を追い出してくれます。

またその時に、とくに注意して欲しいのは温泉の温度です。

いきなり温度の高い温泉に石を浸してしまうと、石が急激な温度変化に耐え切れずに割れてしまったり、
またヒビの原因にもなるのでできる限り熱い温泉に浸すという事は避けましょう。

入浴時の話に戻りますが、次に注意が必要なのがヘアシャンプーやボディシャンプー、
さらには石鹸類などの化学薬品についてです。
石を綺麗にするためにこれらを使ってしまう方を時々見かけるのですが、これはいけません。

ヘアシャンプーやボディシャンプー、石鹸などで洗うと一見綺麗に洗浄されたかのように錯覚をしてしまうのですが、これらの化学物質は石が地球から生まれた時に持っていた本来の性質を歪めてしまうからです。

人間の目では何の変哲もないように見えても、化学物質は石の表面についた時点からその成分で酸化や硫化などをジワジワと起こし始めているのです。
それはつまり、石がこの地球のパワーを受けて生まれた時と別の物質に変わってしまっていることを意味するのです。
ですから、もし石にそういったものなどが付いてしまった場合にはすぐに水で洗い流してください。 パワーストーンの浄化方法←こちらも必見です。